申請方法

申請手順

 空き家住宅の所有者様

売却や賃貸を希望される空き家の所有者様は、「片品村空き家バンク住宅情報掲載申込書」に必要事項を記入していただき、片品村役場むらづくり観光課若者雇用創出室へお申し込みください。(郵送でも直接お持ちいただいてもメールでも結構です)
担当職員が空き家にお伺いし、所有者立ち会いのもと写真撮影(外観・屋内)や現地調査を行います。所有者の立ち会いが難しい場合は、屋内の写真をご提供ください。
所有者の個人情報(氏名や連絡先等)を除き、空き家の情報を村のホームページ・片品村空き家バンクシステムに掲載します。
空き家バンク利用者から物件交渉の申し込みがあった場合、村の担当職員より、所有者へ連絡いたします。
交渉・契約については、ご本人同士でお願いいたします。金額、支払い方法、条件などについて交渉してください。両者の連絡、場の提供、契約書の作成等の事務作業については御依頼があればむらづくり観光課若者雇用創出室で承ります。(無料)

 空き家住宅の利用希望者様

ホームページに掲載された空き家を購入または賃借したい方(利用希望者様)は、「片品村空き家バンク利用申込書」に必要事項を記入していただき、片品村役場むらづくり観光課若者雇用創出室へお申し込みください。
利用希望物件があれば、むらづくり観光課若者雇用創出室にお問い合わせください。登録者様に通知させていただき、現地見学をして物件の状態や賃貸・売買の諸条件をご確認ください。(見学をしないで、交渉・契約等をすることはできません。)
見学後、10日以内に契約・キャンセルの連絡をむらづくり観光課若者雇用創出室までお知らせください。契約を進める場合には、登録者に通知しますので、当事者間で交渉や契約をお願いします。(職員も立ち会いますが、契約はあくまでも当事者間でお願いいたします)
  この空き家バンクのホームページはIターン者・Uターン者様向けの定住促進事業の一環として実施している事業です。 そのため買い(借り)手側様に対してのいくつかの優先順位がございますので以下を御覧下さい。

1. Iターン・Uターンをご希望の方で片品村へ定住をお考えの方
(片品村へ住所を移し3年以上定住をお考えの方)

2. 現在恒常的に片品村内に住む方で空家や売家を探しているIターン・Uターン者の方
(片品村に住んで10年未満の方)

3. 村内の会社の季節従業員の方で夏期・冬期のみ片品村で生活しようと考えている方
(春・夏の山岳ガイドさん、スキー場の冬期従業員等の方)

以上の項目に当てはまる方を優先的に紹介させていただきますのでご了承ください。